info/news

アイドルを24時間監視し見守る「プロジェクト」始動!第一弾にPUNKY RAD PINKが参加決定!

4月29日(木・祝)、まだ日の目を見ない才能豊かなアイドルたちをシェアハウスで共同生活させ、その様子を24時間配信で監視し見守る新プロジェクト「プロジェクト」の記者発表会が都内で行われた。合わせて参加する第一弾アイドルグループ・PUNKY RAD PINKのメンバーも会見に出席した。

「プロジェクト」は、まだ日の目を見ない才能豊かなアイドルたちに活躍の場を提供し、スターへの階段を登らせることを目標に、ディレクターや作家陣が集まり企画をスタート。アイドルグループをシェアハウス内で共同生活させ、その様子をリビングやキッチン、寝室などに設置したカメラ10台で毎日24時間生配信で見守り、スターアイドルになるまでみんなで育てて行く。

会見に登場したPUNKY RAD PINKのメンバーたちは、早速『バッドボーイブギー』を披露。激しいロックサウンドに力強い歌声を乗せて熱唱した。

歌唱を終えメンバーは順番に自己紹介と合わせて企画への意気込み述べた。
NANAEは「今回のルームシェアで一番したいことは、夜ご飯をみんなでいっぱい作って食べたいです」、NODOKAは「ゲームを一日中やりたいです」、リーダーのLULUは「共同生活は初めての試みなので不安もありますが、みんなで一致団結して頑張ります!」、RISAは「全然想像もつかないですが、仲良く頑張りたいと思います」、AMEは「人と住んだことがないのでできるのか不安なんですけど、逃げ出さないように頑張ります」とそれぞれ語った。

ここで、企画のオファー時のメンバーの様子が収められたVTRが上演された。映像ではマネージャーより企画の説明がなされ最初はしどろもどろのメンバーたち。実際に暮らすことになるシェアハウスを下見し、置かれた家具や間取りなどに興味津々の様子。また至る所に設置されたカメラに戸惑いながら一度は「やりません!」と答えるも、「やってみないと何事もわからないことはあるから」と企画に参加することを決意した。

リーダーのLULUは今回の企画について、「メンバー一同本当にびっくりして最初は戸惑いました。最終的には自分たちの判断で決めていいよということだったので、みんなと話し合ってやろうと決めました」と企画が明かされた当時の心境を語った。

シェアハウスを実際に見た感想を聞かれ、AMEは「思ってたよりも全然綺麗で広くて。普通に住宅街なので、近所迷惑にならないようみんなで気をつけながら生きていきたいと思います」と好印象。

またNANAEは、配信される映像の音声がはっきりと聞こえたことについて、「初めてこの映像を見たんですけど、鮮明に声が録られているとは思わなくてびっくりです!色々気をつけないといけないですね」と驚いた。ただ、生配信ではリビングの音声が配信されることについて「リビングの中では可愛く、気を抜かないように頑張ります」とコメント。しかし、後日各部屋の音声も公開されることを聞くと、「筒抜けですね!でも、私たちはアイドルなので“ON”の機会を多めに頑張ります」と話した。

また寝室については間取りの関係で3部屋しかなく相部屋になるようで、NODOKA「5人で暮らすので1人は1人部屋になると思うんですけど、仲良くみんなで話し合って部屋割りしたいなと思います」と共同生活への準備と共に、直近の配信の見どころを紹介した。

また司会から「留守にしている時はどうなるんでしょうか?」という疑問についてRISAは、「私たちのありのままが晒されるということは・・・、部屋だけが映る。泥棒が入ってきてもセキュリティはバッチリ!お仕事でいないときは家を見ててね。みんな入らないでね!!」と冗談を交えて笑顔を見せた。

映像は公式YouTubeチャンネルにて5月1日(土)14時より生配信を開始。
合わせて1週間のダイジェスト動画や、その他企画も多数配信する予定。